東京、埼玉、千葉、首都圏を中心に、建築設計のことなら ”日本ハーテクト設計” にお任せください。

 

 
 
 
 

業務内容/作品紹介

■ 建物を計画されているみなさまへ、まずは”ボリュームを知りたい”という方のために

  ※ボリュームをチェックさせていただきます、ご相談ください。

  ※法人の方、不動産鑑定士の方もご相談ください、ボリュームをチェックさせていただきます。

商品イメージ 

収益物件/有効活用物件   何を建てるか”を決める”   

土地を見つけたら ! 土地を持っていたら !

□ 土地のポテンシャルを把握し、事業化に伴う用途の可能性を探る。

□ 用途地域をはじめとする都市計画、道路状況の調査。

□ 建物の用途を決める。

□ 建築基準法をはじめ関連法規をチェックする。

□ どの程度の建物が建つのかチェックする。 

     ※ボリュームチェック  (費用、期間 : 規模、内容により異なります、ご相談ください)

 賃料相場及び想定賃料を算出する。

□ 建物の概略の構造、地盤状況、仕様等を決定の上概算工事費の算出。

□ 想定収入、土地代、概算工事費、諸費用を前提に単純利回りを算出。

□ 想定利回りを決定。

 事業化の意思決定する。

何を建てるか、どのように建てるか、この先をどう読むか、によって事業の成功は決まります。

土地の専門家、賃貸の専門家、建築工事費の専門家、管理の専門家、

そして設計・監理の専門家が一丸となって建物造りを支えます。 

 

 

商品イメージ             

事業用物件 その1 (オフィスビル、テナントビル等)

2009年10月新橋3丁目にテナントビルが竣工しました。オーナーのこだわりが満載の建物です。地上5階地下1階、各階が約50㎡程の貸室面積ですが、竣工前にそれぞれ飲食店で決まりました。(賃料は少々高めですが)

外壁はさび石の「磨き石」「コブ出し石」の市松模様にし、LED照明を適宜配置、点滅移動させることで建物に動きを表現しました。

また外壁部には看板スペースを出来るだけ多く配置した結果、雑多な印象の街並みの中でも、ひときわ存在感のある建物が出来ました。

建物の形状、仕上げ、存在感がテナントの入居を誘発し、想定した賃料を誘発し、何よりも高利用率を誘発することにつながりました。

建物にどんな思いを込め、いかに設計するか、がどれほど重要であるかがわかります。

 

 

商品イメージ

事業用物件 その2 (ショッピングセンター、倉庫等)

2009年5月千葉の東寺山に、10月東京多摩貝取にショッピングセンターがオープンしました。いずれもNSC(近隣型ショッピングセンター)です。建物はいずれも2000坪超え、テナント数は約5テナント、駐車台数は約250台と大きな建物です。

設計に際していくつかのテーマがありますが、環境や省エネルギーに対する配慮が大きなテーマの一つです。また建築基準法以外にも多くの法律に抵触します。

省エネルギーに対して : 売り場照明の効率化、太陽光発電、蓄熱空調、デシカント空調など

CO2削減や環境配慮として : 屋上緑化、駐車場透水性舗装、透水管、枡、エコキュート、オール電化、搬入口の吸音材施工など

・・・・・いずれも将来を見据えての設計になりました。

 

主な関連法規 : 福祉のまちづくり条例、バリアフリー法、屋外広告物条例、自然保護条例、景観条例、騒音・振動規制法、大規模小売店舗立地法、省エネ法、 ビル管法、開発行為、土地の整理、ゴミ、中高層条例、建築確認申請 等

 

 

商品イメージ

個人住宅     ”きせい品” それとも ”オーダー品”?

スーツを選ぶとき”きせい品”にしますか、それとも”オーダー品”にしようかと、思い悩むことはありませんか・・・・・。

既成のスーツは色や形、サイズが豊富で好みのものが一目瞭然です。しかしどこか自分の身体にしっくり来なかったり、袖が短すぎたりしてなんとも違和感があります。

その点オーダーしたスーツは違います。

生地を決め形を決め仮縫いをし、身体の細部にフィットするように、こだわりをもって仕立てるから着心地抜群です

これと同じことが住宅にあります。住宅はやはり高価な買い物です、だからこそ自分自身の生活スタイルや趣味、好みに合ったものを手に入れる必要があると思うのです。

住みたいエリアの土地を建築家と共に選び  金融機関を選び  工務店を選び  自分だけの住宅とめぐり合いましょう。

 

 

 
 
ホームページ作成方法